できることから少しづつ

img_2756

今は、ひたすら開墾。ほっとかれた野山を生き返らせて、作物を育てる畑を作る。

その畑はだれでも働ける畑。だれでも働けるように整地をする。

できることから少しづつ。

Posted in 失語症農園プロジェクト |

雪が降るまえに・・・

img_2746

秋から冬にかけて、

下草や笹を刈り込んでしまいます。

Posted in 失語症農園プロジェクト |

みつばちがやってくる!

img_2614

農薬を使ってない農園だから、みつばち達もうれしそう!

Posted in 失語症農園プロジェクト |

光ふりそそぐ秋

img_2585

秋の光の色。

 

Posted in 失語症農園プロジェクト |

土の性質を調べる

img_2444

酸性の土を好むらしいのです。

そこで、土の研究の第一人者Fさんに調べてもらうことにしました。

スタート前の準備は入念に・・・。

 

Posted in 失語症農園プロジェクト |

順調に開墾

img_2443

img_2437

山の斜面なので、上に行けば行くほど傾斜がきつくなります。

けもの道もくっきり。

でも、眺めがは最高です!

 

Posted in 失語症農園プロジェクト |

開拓しよう!

img_2365

 

img_2429

 

img_2367

img_2369

開墾しよう。

そう決めたのは、大それた決意とか、意気込みとか、そんなかっこいいもんじゃなかった。

ここに立った時、開けた農園の風景が浮かんだ。

そこにブルーベリーの丘が広がっていたらいいな。

だれもが笑顔で働けたらいいな。

 

 

Posted in 失語症農園プロジェクト |

かたくりの種み〜つけた!

IMG_0743

叶谷のことなら何でも知ってるキヨユキおじいさん。

かたくりの種をひろってきて、見せてくれました。

こんな不思議なかたちをしてるのね。

 

 

Posted in 農ライフ |

5月の純白のフリル

IMG_0724

スナップエンドウの小花がいっせいに畑を覆い始めた。

純白のフリルをひらひらさせて

踊る少女のよう。

 

 

 

Posted in 農ライフ |

筍を食す

IMG_0699

糠と唐辛子の火にくべる。

豪快に大鍋で。

 

 

 

Posted in 農ライフ |