おぼろ夜にすべりゆく高瀬舟

智恩院の桜が入相の鐘に散る春の夕べに、

これまで類のない、珍しい罪人が高瀬舟に載せられたー。

森鴎外の代表作「高瀬舟」はその絵画的な描写と社会問題の投げかけにファンが多い。

「あなたの声で高瀬舟が聴きたい」

高瀬舟の世界を表現。

徳川の時代の京都を竹林の夜の朗読で





2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示