ハッピーエンドの人魚姫

「人魚姫」はアンデルセンの代表作。 私も少女時代、海の中のおひめさまにあこがれて、 よく人魚のおひめさまの絵を描いたりしたものです。

これほど夢をかきたてるおひめさまがいるでしょうか。 きっと海の底という神秘も、想像の世界を広げるのでしょうね。

そういえば、日本の昔話、浦島太郎に登場する竜宮城もそうです。 海の底のおひめさまはおとひめさまでした。

人魚のおひめさまは、悲劇のおひめさまです。

人間の王子様に恋して、美しい人魚のしっぽも、清らかな声も、家族も、ぜんぶ捧げてしまいます。 王子様は、人魚のおひめさまの真心に気づいても、それに応えることをしませんでした。 命とひきかえに、それでも王子様のしあわせを願う人魚姫。

大人になって読んだ時、 なぜ? どうして? かわいそう・・・ さまざまな疑問ややるせなさが渦巻いて、。

アンデルセンがなにを伝えたかったのか、 それは、ひとそれぞれ、伝わるものがちがっていいのです。

聴き終わった時、 かわいそうと思って流す涙が、 あたたかな涙にかわるように、 私はハッピーな言葉を紡ぎます。 そ!私の朗読する人魚姫は、ハッピーエンドなのです

およそ1時間の朗読を聴き終わって、

「あっというまだった」

「物語の中にいたみたい」

そんなことばをいただいて 私もハッピー

ハッピーエンド朗読家 沼尾ひろ子の朗読の世界 https://www.hirokonumao.com


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示