沼尾ひろ子の

 言語ボイストレーニング

失語症の方の言語・コミュニケーショントレーニング

Voice Training  by Hiroko Numao

 

自然豊かな環境での言語ボイストレーニング教室です。

​パーソナルトレーニングで行います。

【沼尾ひろ子の言語ボイストレーニング教室】

 

現役フリーアナウンサー沼尾ひろ子の言語ボイストレーニングです。

生放送担当中、脳梗塞を発症し失語症に。そこから生放送の現場に復帰するために独自で行ったアナウンスキルを生かしその方の目的に沿ったコミュニケーショントレーニングを行います。身をもって経験したからこそ、仕事に就きたい人、復帰した職場で自信をもって働きたい人を全身で後押しします。

                 講師紹介

   沼尾ひろ子

                    フリーアナウンサー/言語ボイストレーナー​

                       >>プロフィールはこちら

        受賞歴

                 2017年日本脳卒中協会サノフィ賞受賞

                     >>サノフィ賞とは

メッセージ

 

 

 

 

2006 年、突然脳梗塞を発症し失語症となりました。フリーアナウ ンサーの私は生放送の現場ではりのある毎日を過ごしていましたが、それはまさに世界を180 度変えてしまう出来事でした。ただ話せなくなったのではないのです。伝えたいことは心にあるのに言葉が迷子に なって発せられない。周囲の人達が何を言っているのかわからない。テレビを観ても画面に映し出されているのはただの映像で意味をなさ ない。文字を読んでも内容と結びつかない。軽快に話したいのに思 うように口が動いてくれない。正しい名称で言いたいのに違う言葉が 勝手に出てしまう・・・。自分の知識が信じられない恐怖に打ちのめされ、生きているのに私はひとりでした。失語症はコミュニケーション障害です。自尊心を粉々に打ち砕かれるのがこの障害の特徴と言って いいかもしれません。

当時私は同じ失語症の方とのつながりを切望していました。伝えることのできない苦しみを共有することが救いだったのです。

そんな思いから、言葉と意味のマッチング、そのタイムラグを なくすためにトレーニングを経て仕事復帰した後、脳梗塞患者と家族 のための精神的自立支援の会を立ち上げました。

「自分の人生に言 い訳せず前向きに生きよう」そんな思いで、情報交換・悩みの共有・ 仕事復帰のための勉強会や朗読会を行ってきました。活動を続けるう ち、失語症のある方の前には就業への厳しい現実が立ちはだかっていることがわかってきました。経済的自立なくして真の自立とはいえな いことに気づいた私は、就労を目指す失語症のある方への言語ボイストレーニング、失語症を知ってもらう講演、就労自立農園プログラム といった具体的な活動に梶を切りました。2 年がかりで開墾した農園 はだれでも作業しやすい果樹をメインに植樹しました。

そして、2019 年、自然の中で学ぶ言語ボイストレーニング教室をスタートしました。里山・叶谷には日本の原風景が広がっています。野菜畑、果樹園、鎌倉時代に建立された神社や竹林、野山、小 鳥のさえずり。風の香り。土の温もり。おばあちゃん、おじいちゃんの笑 顔。自然はやさしく五感を刺激します。自然に癒されながら言語のトレーニングができる教室は私の夢でした。前を向いて生きる力を 蓄えさせてくれたのはまさしく里山で過ごした時間だったからです。豊かな自然が広がる里山で言語ボイストレーニング を行うことで背中を押してあげたい。それが私の願いです。

言語ボイストレーニングは私がこれまで培ってきたアナウンススキルと、脳梗塞による失語症から現場復帰を可能にしたトレーニングスキルを独自のカリキュラムに構成しています。専門職や職種、ビジネスシーン等、具体的なシチュエーションの問題解決を図るために一緒に考えます。私自身も失語症だったので、辛さや苦しみを共有できます。その上でその人にあったトレーニングを実施しています。

例えば文章を読むとき、まず文字という視覚からの情報を言葉の意味に変換し、そこからこう読むのだなと理解、そこでイントネーション、アクセントが生まれ正しい発話となります。そのようなことをひとつひとつ積み重ねていき、それには時間がかかるのだと自分自身に言い聞かせるようにしました。そうして、私は様々な方法でタイムラグを短縮する努力を重ねました。読むこと、声に出すこと、滑舌、表現、全て自分の脳と向き合い、脳に問いかけ繰り返し行いました。そして、ついに生放送の現場に復帰を果たしたのです。

                

                                 沼尾ひろ子

  プログラム

​基本的な呼吸法、滑舌体操、ロールプレイング、コミュニケーション力をつける会話レッスンや、多数の中での発言力を養うフリートーク、また、ビジネストーク、電話応対など目的に沿った実践的なトレーニングを相談しながら行います。

 

〈内容例〉

 呼吸体操

 顔の準備体操

 あいうえお体操

 発声体操

 滑舌体操

 プロミネンス表現

 音読

 目的別言語発声練習

 ビジネストーク練習

 会話練習

 数字の認識練習

 習字

 フリートーク

 その他

 

こんな方に・・・。
 
  • 社会復帰を実現したい

  • 仕事に就きたい

  • 復職したい

  • 職場でさらにスキルアップしたコミュニケーションを実現したい

  • 自信をもって会話したい

  • プロフェッショナルな分野に特化した言語回復をはかりたい

 パーソナルトレーニングです。
  • ひとりひとりの目標に合わせたカリキュラムを組みトレーニングを行います。

  • マンツーマンのレッスンで悩みや目標を具体的に解決していきます。​     

教室
  • 自然の中で落ち着いた雰囲気で学べます。

アクセス

場所:KANOUYA_BASE 

   〒329-1117 栃木県宇都宮市叶谷町 280

   Fax:028-612-6126

 

【車でお越しの場合】

東北自動道宇都宮インターからおよそ15 分 ※グーグルマップで「叶谷ベース」と入れて検索してください

【電車でお越しの場合】

(最寄駅) 東北新幹線/JR宇都宮線 宇都宮駅 宇都宮駅からバスでおよそ30 分

(バス停)宇都宮駅西口 5 番乗り場「グリーンタウン」行き 「立伏」停留所下車

  関東バス時刻表 https://kantobus.info/fromto/result/?week=3&from_no=1&from_type=B&to_no=585&to_type=B&f_from_type=1&f_from=&f_to_type=1&f_to=&f_to_genre=

お問い合わせ・お申し込み先

沼尾ひろ子の言語ボイストレーニング教室事務局

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-16-6 虎ノ門RAPO-TOビルUCF703

TEL: 03-6869-9084 / FAX :03-3502-1412

まずはお問い合わせください。

【出張言語ボイストレーニング/ことばの体操教室】

 

失語症のある方のグループや団体で言語ボイストレーニング教室を開催したいというご要望に、出張でお教えします。楽しみながらできることばの体操やコミュニケーショントレーニングを行います。  

ことばの体操】

 ①準備体操 

 ②呼吸のトレーニング 

 ③顔筋のトレーニング 

 ④舌のトレーニング 

 ⑤声のトレーニング 

 ⑥滑舌トレーニング など

【コミュニケーショントレーニング】

 インタビュー会話

 1対1質問×答え

​ クイズ  など

Call

T: 03-6869-9084   F: 03-3502-1412

Follow me

© 2019  AXISDO

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • Facebook Clean